お申込みはこちら

'19 重症度、医療・看護必要度評価者 院内指導者研修 6月30日(日)9:30~17:00 全国同時中継

研修概要

重症患者割合のベースとなる「一般病棟用の重症度、医療・看護必要度」について項目の定義を見直し・厳格化を行うとともに、看護必要度評価票を用いた測定方法の「看護必要度I」と、診療実績データ(DPCデータのEF統合ファイル)を用いた「看護必要度II」が選択制になった前回の診療報酬改定から1年が経ちました。DPCデータでの評価を用いている施設でも、従来の「看護必要度I」を併用しなければ管理上齟齬が出てくることがわかってきており、日々の実際が可視化できる重症度、医療・看護必要度が評価されています。また、救命救急入院料1及び3並びに脳卒中ケアユニット入院医療管理料については、重症度、医療・看護必要度の測定が要件となっており、その他、回復期リハビリテーション病棟の要件「日常生活機能評価」もB項目評価に準じております。本講座では全国で統一された唯一の患者評価の指標である「重症度、医療・看護必要度」を、衛星同時中継による演習を含めた研修とインターネットによるeラーニングで正しく学びます。修了証が発行される「重症度、医療・看護必要度評価者院内指導者研修」を、対応する全ての施設の方へご案内いたします。

日 時 2019年 6月30日(日)9:30~17:00 全国同時中継
会 場 各研修会場へのアクセスについては会場一覧をご確認ください。
注意:駐車場のご案内はしておりません。
会場へお越しの際は、公共交通機関をご利用ください。
お車でお越しの方は自己責任でお願いいたします。
講 師
岩手医科大学看護学部長 嶋森 好子
横浜創英大学看護学部教授 田中 彰子
兵庫県立大学大学院経営研究科教授 筒井 孝子
尼崎総合医療センター副院長兼看護部長 箕浦 洋子
プログラム
■開会の挨拶
■講義1 「これからの医療サービス提供体制の考え方~地域医療計画と地域包括ケアシステム」
■講義2 「重症度、医療・看護必要度のA・B項目の評価方法(チェックテスト含む)」
■講義3 「重症度、医療・看護必要度の評価のあり方」
■講義4 「C項目の理解とDPCとの連動による看護必要度評価精度の向上」
■演習 「重症度、医療・看護必要度評価方法のビデオ演習」マークシート回収、解説
■まとめ
※都合によりプログラムを変更する場合があります。
お申込みについて
  • お申込み期間:3月25日(月)10時~6月14日(金)まで
    ※会場が定員になり次第受付終了となります。
  • お申込みは本サイトからのみとなります。
  • FAX・電話でのお申込みは一切受け付けておりません。
  • お申込みは1人1会場とさせていただきます。
  • 参加者の変更並びに会場の変更は受け付けておりません。
  • 3週間以内にご入力いただいたファックス番号に参加証をお送りいたします。
    ※3週間たっても参加証が届かない場合、事務局までご連絡ください。
  • 注:会場提供にご協力いただいております各都道府県看護協会への直接のご連絡はご遠慮ください。
参加費
看護協会会員もしくはJSNAM会員 非会員
中央会場 12,000円 13,000円
衛星会場 8,000円 9,000円

※JSNAM:日本臨床看護マネジメント学会
※eラーニング受講/資料つき

お振込について
  • 参加証がFAXで届きます。振込についての詳細が記載されておりますのでご確認ください。
  • 複数人一括でお振込みの場合は、どなたか1名様の参加者番号+氏名または病院施設名をご入力ください。その後、「振込情報記載シート」に必要事項を記入の上、FAXでお送りください。

振込情報記載シート

必須課題について 重症度、医療・看護eラーニングで事前アンケート、学習、演習を受け、試験で満点(20問中20点)をお取りください。eラーニング試験は何度でも受験可能です。
※必須課題期間は2019年5月30日(木)10時~6月30日(日)9時までです。
※期限が近づきますとアクセスが集中し、接続しづらい状況が予測されますので、余裕をもって受講してください。

お申込みはこちら