お申込みはこちら

2020年度診療報酬改定をみすえた看護必要度ステップアップ研修
看護必要度データを活用した看護管理及び認知症患者等への入退院支援マネジメント力の向上
〜看護師の臨床マネジメント力及び認知症患者等への対応力を高める~
「認知症ケア加算2」の施設基準に対応した研修

研修概要

 2020年度診療報酬改定では、地域医療ビジョンや地域包括ケアシステムといった施策の一層の推進による医療サービス提供体制の適正化が求められます。このため、医療機関では患者の状態に応じた適切な医療と看護の提供体制の構築が課題となります。
 とくに、急性期病床で増加している高齢認知症患者への対応は、世界共通の課題であり、英国では国家認知症戦略が策定され、米国でも国家アルツハイマー計画が発表されました。そして、日本では、2019年6月に認知症施策推進大綱が国家戦略として示されました。これは、2018(平成30)年に認知症の人の数が500万人を超え、65歳以上高齢者の約7人に1人が認知症となり、今や急性期病棟の入院患者の3割近くが認知症を併発しているとされる状況で認知症の人への対応は、わが国にとって喫緊の課題となったことを示しています。
 このような状況下において、病院では、急性増悪を伴った認知症患者の増加による看護体制の見直しや、適切な入退院支援方法が必要とされていますが、その方法論は確立されていません。
 そこで、今回、「重症度、医療・看護必要度評価者院内指導者研修」の上位研修である「看護必要度ステップアップ研修」では、Hファイルの活用方法に加え、看護必要度データを利用した地域連携の方法や、認知症患者への集中的なケアの展開等の手法を学ぶことを研修内容といたします。これは、2020年度診療報酬改定では、国家戦略である認知症施策推進大綱との連動が求められており、認知症患者への適切な対応は、必須事項となると考えられるからです。
 本研修では、第1回終了後、第2回の研修までに、自病院等での認知症患者に対する退院支援及び在宅復帰に関する計画作成を課題とし提出をいただきます。また、第2回研修では、2020年の診療報酬改定の動向も含め、第1回の研修内容を発展させ、高度なマネジメント力と認知症患者への対応力をつけることを目的とします。
 なお、この「看護必要度ステップアップ研修」は、2019年11月10日に第1回を、翌2020年1月26日に2回目を開催する予定となっており、この2回をもって、「認知症ケア加算2」の施設基準に対応した研修として認められています。

日 時 研修1日目 2019年11月10日(日)9:30〜17:30
研修2日目 2020年 1月26日(日)9:30〜17:30
会 場 各研修会場へのアクセスについては会場一覧をご確認ください。
注意:駐車場のご案内はしておりません。
会場へお越しの際は、公共交通機関をご利用ください。
お車でお越しの方は自己責任でお願いいたします。
講 師
日本臨床看護マネジメント学会理事長 嶋森 好子 氏   
一般財団法人仁明会精神衛生研究所 副所長 大塚 恒子 氏   
兵庫県立大学大学院経営研究科教授 筒井 孝子 氏   
関西看護医療大学看護学研究科教授 箕浦 洋子 氏 ほか
プログラム

研修1日目:2019年11月10日(日)9:30〜17:30

  • オリエンテーション/本研修の目的に関して
    2020年度診療報酬改定の動向と課題
  • 2020年度診療報酬改定で求められる看護必要度を用いた患者の病態に応じたマネジメントシステムの考え方
  • 認知症に特有な論理的課題と意思決定支援
  • 認知症の原因疾患と病態・治療
  • 行動制限の知識と技術〜行動制限をゼロにするケアと行動制限を必要とする状況〜
  • 入院中の認知症患者に対する看護に必要なアセスメントと援助技術
  • 2020年診療報酬改定における認知症患者に対する看護の在り方

研修2日目:2020年 1月26日(日)9:30〜17:30

  • 2020年度診療報酬改定の動向と課題
  • 次期改定で求められる臨床看護マネジメントにおける認知症等の合併症をもった患者へのケアの考え方
  • 行動・心理症状(BPSD)せん妄の予防と対応法
  • コミュニケーションの方法及び療養環境の調整方法
  • 次期改定で求められる退院支援・在宅復帰が困難な認知症患者等に関する地域連携の在り方(演習)
  • 2020年の診療報酬改定で重点化される地域包括ケアシステムへの対応
  • まとめ
※診療報酬施設基準に則る「認知症ケア加算2」算定の提出要件を満たす研修会
お申込みについて
  • お申込み期間:9月5日(木)10時~11月1日(金)まで
    ※会場が定員になり次第受付終了となります。
  • お申込みは本サイトからのみとなります。
  • FAX・電話でのお申込みは一切受け付けておりません。
  • お申込みは1人1会場とさせていただきます。
  • 参加者の変更並びに会場の変更は受け付けておりません。
  • 申込み後に入力間違いに気づいた場合は、再度申込みをせずに事務局までご連絡ください。
  • お申込みから1週間以内にご入力いただいたFAXへ参加証をお送りします。
    ※1週間たっても参加証が届かない場合は事務局までご連絡ください。
参加費
日本精神科看護協会会員、JSNAM会員、看護協会会員 一般
中央会場 14,000円 20,000円
衛星会場 13,000円 18,000円

※JSNAM:日本臨床看護マネジメント学会

お振込について
  • 当研修の参加確定の方に参加証がFAXで届きます。
    振込についての詳細が記載されておりますのでご確認ください。
  • 複数人一括でお振込みの場合は、どなたか1名様の参加者番号+氏名または病院施設名をご入力ください。その後、「振込情報記載シート」に必要事項を記入の上、FAXでお送りください。

振込情報記載シート

事前課題について 研修1ヶ月前の10月10日(木)より事前課題を行ってください。

お申込みはこちら